看護師の職場、大学病院の魅力に迫ります!

 看護師バイト > 看護師バイト~大学病院が看護師に選ばれる理由~

看護師バイト~大学病院が看護師に選ばれる理由~

大学病院の特徴は、診療科目が多く、病床数が多いことです。そのため総合病院のような役割もあります。また、大学病院は大学に付属している病院であるため、診療を行う医療施設と、教育や研究のための医療施設があります。
産休からバイト看護師に復帰するタイミング

なので一般的な病院よりも、医師や看護師の人材育成に力が入っており、最先端の技術と器機を使って、万全のサポート体勢で研修などを受けることができるのです。やはり教育システムがしっかり充実しているというところが、大学病院で勤務する最大のメリットだと思います。

教育システムは、新人看護師の研修だけでなく、ベテランや管理職の看護師を対象にした教育システムもあります。そして、最新の医療設備が備わっているので、スキルアップがどんどんできるというのが、大学病院のメリットです。スキルや知識、専門性を磨きたい人には良い職場だと思います。

そして、職場環境だけでなく待遇面も優れています。まず、給与自体が高めの傾向にあり、子育て支援制度(託児所や院内保育など)、独身寮など福利厚生も充実しています。

向上心のある看護師にはとてもおすすめの職場ですが、特に若くてどんどんスキルを高めていきたいと思っている新人看護師には、とてもおすすめできる職場だと思います。

ただし、大学病院は規模がとても大きいので、仕事がその分ハードになるでしょう。救急指定病院になっていることが基本なので、夜勤が必須条件になっていると思います。また、教育にとても熱心なので、研修や講習、そして勉強会などが頻繁に開催され、自分が自由に過ごせる時間が少なくなってしまいます。

しかし、教育システムと福利厚生が充実していることが大きなメリットなので、人気のある職場であることは間違いありません。人気のあるうえに、求人募集もなかなか出されないので、求人を見つけることも難しいです。

大学病院へ転職するなら、看護師のお仕事を専門として紹介している転職支援サイトを利用することが一番の近道だと思います。大学病院の中には採用試験の期間がきっちり決められているところがあり、そのような病院は一般的な病院のように欠員したら募集をかけるということをしません。

もちろん、随時中途採用を受け付けている大学病院もありますが、採用試験も面接も内容が大学病院によって大きく違ってくるのです。なので、きちんとした対策をするためにも、コンサルタントに相談できる転職支援サイトを利用することをおすすめします。

准看護師は都道府県知事により与えられる資格-国家資格である看護師との違い

看護師が国家試験を受験し合格すれば与えられる資格であるのに対し、准看護師は都道府県ごとに行われる試験を合格することで認可される資格です。主な業務内容は看護師と同じであるとはいえ、医師や看護師の指示がなければ業務を行うことが出来ません。

准看護師の免許を取得するための条件のひとつは、まず中学校卒業以上の学歴が必要ということです。中学校を卒業後、高等学校の衛生看護科(5年の一貫教育ではない)に3年間通うと准看護師試験の受験資格を得ることができ、試験に合格すれば准看護師の資格が与えられます。

また、衛生看護科以外の学科で高等学校を卒業した場合でも准看護師養成学校に2年間通うことで、受験資格を得ることができます。どちらの場合も共通しているのは得られるのは受験資格であり、資格取得には准看護師試験に合格することが必須という点です。

准看護師と看護師の最も大きな違いは、准看護師は都道府県ごとの准看護師試験に合格すると、都道府県知事によって免許が与えられるのに対し、看護師は国から与えられる免許ということです。それから、働く人にとって最大の違いといってもいいのは、収入の格差なのではないでしょうか。准看護師と看護師では、准看護師が10%~20%程度所得が低いという調査結果があります。

多くの人が疑問に思っているのが、准看護師資格試験を受験するには年齢制限があるかということです。これは、中学校卒業以上の学歴があり、規定の看護課程を修了し受験資格があれば年齢に制限はありません。また、就職に関しても年齢制限のある病院は少数です。

専門職である准看護師という仕事にとって大事なのは何よりも実務経験なので、准看護師養成学校に通っている間に多くの経験を積むことが就職にも有利に働くでしょう。

ひとつ大きな問題とされているのが、業務の内容とそれに対する責任は同じであるにも関わらず、准看護師と看護師では待遇に格差があるということです。長年問題視されてはいるのですが、一方では准看護師制度の撤廃を訴える人達もいることから、この問題は棚上げされたままになっています。